連載
» 2009年12月25日 00時00分 公開

師走を乗り切れ! 超速イケてる年賀状素材作り一撃デザインの種明かし(9)(7/7 ページ)

[林真由美,面白法人カヤック]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

演出が大事だ! 凝った背景を作る

 背景を抜くためには、体の内側を、先ほど説明した[なげなわツール]+[ぼかし]で囲んだ後に、[マスク]を掛けます。

【12】効果線のような背景を作る

 新しくレイヤを作ったら、グラデーションエディタを開き、[グラデーションタイプ]を「ノイズ」に、[粗さ]を100%にします。

 [円錐形グラデーション]を選択して、グラデーションを引きます。

 [イメージ]→[色調補正]→[グラデーションマップ]を選択して、赤と黒のグラデーションを作ります。すると、先ほど作ったグラデーションのレイヤが赤と黒で構成されます。

【13】燃えたぎる熱気の表現を作る

 熱気の表現の背景を作ります。まず、[描画色]が黒、[背景色]が白に設定されているか確認してから、[フィルタ]→[描画]→[雲模様1]を適応してください。

 先ほど作ったレイヤを[スクリーン]にしてください。湯気のような表現ができました。

 体から熱気を出しているような表現にしたいので、ベクトルマスクを追加し、寅マスクのレイヤを選択して、白黒のグラデーションを縦に引きます。

 さらに熱気の調整です。レイヤを選択して、[イメージ]→[色調補正]→[トーンカーブ]で調整します。

 先ほどの熱気のレイヤの上に、赤いレイヤを作り、[焼き込み(リニア)]を適応します。

 赤いレイヤの上に、先ほど作った熱気のレイヤを複製し、[編集]→[変形]→[水平方向に反転]を適応します。

【14】これで最後! ツメろフィニッシュ!

 胸の部分を背景になじませます。先ほど説明した[なげなわツール]+[ぼかし]で選択した後、寅マスクのレイヤを選択して、[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]で[マスク]の範囲をぼかします。

 最後に、[レイヤー]→[表示レイヤーの統合]で統合した後に、[イメージ]→[色調補正]→[トーンカーブ]などで全体のバランスを整えます。

 お疲れさまでした! これで、完成です!

来年も、面白いデザインハックを

 さて、今年最後の連載となりました「一撃デザインの種明かし」。来年も面白いデザインハックを紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

@IT関連記事

D89 デザインTips - デザインのハウツーテクニック集
デザイン初級者でも分かるデザインツール基礎/応用Tips(ハウツー・小技・テクニック)集です。[写真加工/フォトレタッチ編][イラスト/ドロー編][アニメーション編]など、随時公開していきます
デザインハックリッチクライアント

デザイナだからこそ作れるUXに企業が注目している
D89クリップ(14) Illustratorのプロダクトマネージャに聞く、Illustrator CS4の面白い機能やFlash Catalyst、デザインの未来。Fireworksがあれば、Illustratorは要らない?
デザインハックリッチクライアント 2009/12/21

クリエイターであるためにFlash待ち受けを出し続ける
D89クリップ(9)  トイレメーカーのサラリーマンはいかにしてFlashアニメ作家になったのか? クリエイターになる1つの方法を聞くとともにFlash待ち受けの簡単な作り方を教えよう
デザインハックリッチクライアント 2009/6/5

Webにおけるグラフィック表現手段としてのFlash
D89クリップ(6) デザイナ川上俊氏のセッションから、FlashとAIRのツールとしての原点とプラットフォームとしての可能性を考える
デザインハックリッチクライアント 2009/3/3

著者プロフィール

林 真由美 (はやし まゆみ)

Webサービスをはじめ、プロダクト、書籍、モバイルなどさまざまな同社制作物のデザインを手掛ける。これまでに手掛けたWebサービスのデザインは 100を超える。現在は、新規事業を担当するラボチームBM11(ブッコミイレブン)に所属。チームとして年間100近くのサービスリリースにトライ中。アイデアのオンラインショップ「元気玉」や、面白法人カヤックのアイデアポータルサイト「アイデアの泉」のディレクションも務める。カヤック社員全員分の漫画名刺づくりも担当する。



前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。