連載
» 2013年10月15日 18時00分 公開

これでGitも怖くない! GUIでのバージョン管理が無料でできるSourceTreeの7つの特徴とはユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(31)(3/3 ページ)

[岡本隆史,@IT]
前のページへ 1|2|3       

【7】git-flowにも対応

 Gitのブランチの本格的な運用をサポートするツールとして「git-flow」があります。Source Treeはgit-flowで扱うブランチにも対応しており、玄人向けにも満足のいく機能を提供しています。

図9 git-flowの選択画面

GitクライアントはSourceTreeで決まり?

 以上、紹介してきた通り、SourceTreeは非常に直観的で使いやすいツールであることが分かったと思います。

 ところで、Google Trendsの国別の検索結果をSourceTreeとSourceTree以外でよく利用されているTortoiseGitで比べると面白い結果となっています。

図10 地域別 SourceTreeの検索頻度
図11 地域別 TortoiseGitの検索頻度

 SourceTreeは米国を中心に検索が多いですが、TortoiseGitはアジア、ロシアを中心に検索が多いのが対照的です。

 TortoiseGitは、すでに多言語化されていますが、SourceTreeはWindows版はGUIのメッセージが英語にしか対応していないためだと思われます。アジア圏でも日本だけSourceTreeの検索数が多いのは、最新技術に目がない日本のIT技術者の特性の表れと言えるでしょう。

 Mac OS X版は、すでに多言語化されており、日本語環境であれば日本語で表示されます。

図12 Mac OS X版の画面

 今後Windows版のSourceTreeが他の言語にも対応されれば、さらにSourceTreeの占める割合が多くなっていくのではないでしょうか。

「ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!」バックナンバー
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。