連載
» 2016年08月05日 05時00分 公開

沖縄編:ヤギはめったに食べないよ!――沖縄の歴史、言葉、通勤着ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(9)(4/4 ページ)

[伊藤敦史(geechs),@IT]
前のページへ 1|2|3|4       

沖縄の食べ物

沖縄風カレーソーキソバ

 沖縄は外食文化が発達しています。

 観光客向けのお店も多いのですが、個人経営で個性的な定食屋が多く、お客さんも老若男女さまざまです。

 「ゴーヤチャンプルー」「ゆしどうふ」「ポーク玉子」などの沖縄ならではの料理は、家庭でも作りますが、定食屋さんで食べることも多く、家族で食べに来ている風景をよく目にします。

Aランチ

 「Aランチ」は、沖縄の定食屋さんによくある定番メニューです。「ランチ(昼食)」なのに、朝でも夜でも食べられます。

 「揚げ物」「スパム」「天ぷら」などのカロリー高めのおかずを盛り合わせたサービス精神旺盛なプレート定食で、お店によってはさらに「刺身」も追加されます。

 量に応じて「Bランチ」「Cランチ」もあります。Aランチ=大盛り、Bランチ=普通盛り、Cランチ=小盛り、なのですが、沖縄の小盛りは他地方の普通盛り〜ちょっと大盛りくらいなので、注文の際は気を付けてください。

小ネタ:地元の人はヤギを食べない

 私は「ヤギ料理は沖縄のソウルフード」だと思っていたので、「移住したらぜひともヤギを食べよう」と、沖縄拠点設立直後のキックオフをヤギ料理専門店で行いました。

 新鮮な「ヤギの刺身」や「ヤギ汁」は、独特の香りはあれどとてもおいしく、喜んでくれることを期待して、地元育ちの人にヤギを食べたことを話しました。しかし……

「ヤギ食べたことないです……というか食べようと思ったことないです」
「それ食べられるんだったら、あんたウチナンチュだわ」

 とビミョーな反応をいただきました。どうやら、ヤギ食は「離島」の文化で、沖縄本島ではめったにヤギは食べないようです。離島それぞれに、独自の食文化があるんだと思います。

食べないでね(ヤギ子)

沖縄はチャンプルー

 東京から沖縄にIターンして、1年と少したちました。

 沖縄は本当に奥が深くて、いまだに日々発見があります。そのたびに思うのは、「古今東西の人や物事がチャンプルー(ごちゃまぜ)な沖縄は面白い」ということ。

 本記事で、その魅力を少しでも感じていただければ幸いです。U&Iターンの理想と現実:沖縄編、次回は「ワークスタイル」をお届けします。

@IT式 U&Iターンスタイル

全国各地のU&Iターンエンジニアたちが、地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えます。Uターン、Iターン、Jターンに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。



筆者プロフィール

伊藤敦史

geechs エンジニア 伊藤敦史(いとう あつし)

2015年6月、CRUD Lab.(クラッドラボ:geechsの沖縄開発拠点)立ち上げのため、妻子と共に沖縄へ移住。エンジニア育成と研究開発に従事する。

沖縄の寛容な人と大地に見守られ、健やかに成長中。

好きな言葉は“お前が作れば、やってくる(If you build it, he will come.)”


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。