連載
» 2021年11月18日 05時00分 公開

「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供開始、SMB over QUICでWindows 11との安全なファイル共有が可能にMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(161)

Microsoftは2021年11月上旬、「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供を発表しました。同時に、これまでプレビュー提供であったAzure Editionだけの機能「SMB over QUIC」と「Azure拡張ネットワーク」の一般提供も開始され、実運用環境で利用できるようになりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows Server 2022 Datacenter:Azure Editionとは

 「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」(以下、Azure Edition)は、Microsoft AzureのIaaS(Infrastructure as a Service)環境にのみデプロイして実行できる、「Windows Server 2022」の特別なエディション、製品単位(SKU)です。

 これまで「Microsoft Server Operating Systems Preview」オファーでプレビュー提供されていましたが、一般提供(GA)開始後はOSのインストールタイプに応じて以下の2つのイメージと通常サイズのOSディスク、SmallDiskサイズのOSディスクの計4イメージが「Windows Server」オファーで利用可能になりました(画面1)。

  • Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition(デスクトップエクスペリエンス環境)
  • Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition Core(Server Core環境、画面2

画面1 画面1 「Windows Server」オファーとしてAzure Editionの各イメージが利用可能になった
画面2 画面2 Azure仮想マシン上にデプロイしたAzure Edition Coreのデスクトップ(Azureポータルに組み込まれた「Windows Admin Center」プレビューからアクセスしたところ)

 Azure Editionは、Windows Server 2022 DatacenterやStandardと共通のOSビルド「20348」ベースで開発され、Windows Server 2022の全機能に加え、Azure Editionだけの以下の機能を提供します。

  • Azure拡張ネットワーク
  • SMB over QUIC
  • ホットパッチ(注:Azure Edition Coreのみ)

 「ホットパッチ」はまだプレビュー段階ですが、「Azure拡張ネットワーク」と「SMB over QUIC」はAzure Editionと同時に一般提供開始となり、実運用環境でも利用可能になりました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。