連載
» 2021年12月07日 05時00分 公開

SQL Server 2008/2008 R2とWindows Server 2008/2008 R2に「4年目」の拡張セキュリティ更新プログラム提供開始(Azureのみ)Microsoft Azure最新機能フォローアップ(162)

MicrosoftがSQL Server 2008/2008 R2、Windows Server 2008/2008 R2、Windows 7に有償または無償提供している最大3年の「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」が、最後の3年目が既にスタートしているか、2022年早々スタートします。もともと1年単位の購入で最大3年ということでしたが、ESUが無料提供されるAzure上のインスタンスについては4年目のESUが提供されることになりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)とは

 「拡張セキュリティ更新プログラム(Extended Security Update、ESU)」は、製品のサポートが過ぎた特定のMicrosoft製品向けに、最大3年間のセキュリティ更新プログラムを提供する有償または無償のオプションです。

 「SQL Server 2008」および「SQL Server 2008 R2」に初めて適用され、その後、「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」「Windows 7」でも利用可能になりました。SQL Serverでは緊急のセキュリティ問題を対象とした更新プログラムがESUとして提供され、Windows ServerおよびWindowsには緊急または重要レベルのセキュリティ問題を対象とした更新プログラムがESUとして提供されます。新機能やその他のバグ修正は提供されません。

 ESUは1年ごとに購入する必要があり、途中から(例えば、2年目や3年目から)購入することはできません。Microsoft Azure上のインスタンス(およびオンプレミスに設置されるMicrosoft Azure Stack上のインスタンス)については、対象製品に対するESUが追加のコストや手順なしで無料提供されます。

 SQL Server 2008/2008 R2では、最後の3年目となるESUが2021年7月に始まりました。また、2022年1月9日からは、Windows Server 2008/2008 R2とWindows 7の最後の3年目となるESUが始まります。

 オンプレミスについては、SQL Server 2008/2008 R2が「2022年7月12日」で、Windows Server 2008/2008 R2とWindows 7が「2023年1月10日」でESUが完全終了ということになります。

 一方、Microsoft Azure上のSQL Server 200/2008 R2とWindows Server 2008/2008 R2インスタンスについては、4年目のESUが提供されることが既に発表されており、さらに1年、ESUを継続して受け取ることができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。