Gartnerの2023年取締役向け調査から見える、企業のリスク選好と成長戦略、デジタル化の加速Gartner Insights Pickup(295)

経営リーダーは、取締役会が考える優先事項を理解すれば、活動と投資を自社の戦略的方向に合わせられる。

» 2023年03月17日 05時00分 公開
[Lori Perri, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 企業が経済の不確実性に直面し続ける中、経営リーダーは、環境の急速な変化に対応したビジネス戦略の策定と実行に注力している。Gartnerは、さまざまな業種、地域の企業の取締役と取締役会メンバーを対象に「Gartner 2023 Board of Directors Survey」(Gartner 2023年取締役向け調査)を実施し、281人から回答を得た。この調査は、デジタル化の加速とサステナビリティ(持続可能性)、DEI(多様性、公平性、包摂性)への投資の焦点がどこにあるのかを、取締役の視点から把握することを目的としている。

 「経営リーダーは、取締役会が現在の厳しい環境下で考える優先事項を理解する必要がある。活動や投資を、自社の戦略の方向性に合わせるためだ。通常、戦略の方向性は取締役会が設定する」と、Gartnerのアナリストでディスティングイッシュト バイスプレジデントのパーサ・イエンガー氏は語る。

 「環境や社会、ガバナンス(ESG)、DEIに関する社会的圧力は、企業や取締役会の優先事項にますます影響を及ぼしている」(イエンガー氏)

 イエンガー氏は、 Gartner IT Symposium/Xpo 2022カンファレンスでのプレゼンテーションで、Gartner 2023年取締役向け調査の主な結果を次のように紹介した。

(出所:Gartner)

リスク選好と成長戦略

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。