ニュース
» 2024年02月07日 08時00分 公開

通信事業者のクラウドネイティブ移行が急速進行、世界的に収益成長も IDC予測2022〜2027年の5年間で270億ドル規模に

IDCは2024年に通信事業者ネットワークワークロードのクラウドネイティブ導入が加速するという予測を発表した。2022〜2027年の5年間で、通信クラウドインフラソフトウェアの世界的な収益が急速に成長すると予測している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは、2024年1月17日(米国時間)、2024年に通信事業者ネットワークワークロードのクラウドネイティブ導入が加速するという予測を発表した。

 IDCは2022〜2027年の5年間で、通信(テレコム)クラウドインフラソフトウェアの世界的な収益が急速に成長すると予測している。このソフトウェアには、仮想ネットワーク機能(VNF)、クラウドネイティブネットワーク機能(CNF)、ネットワーク機能仮想化インフラストラクチャ(NFVI)が含まれる。コアトランスポート、モバイルインフラ、モバイルバックホール、アクセスネットワークを含む4つの市場セグメント(コアトランスポート、モバイルインフラストラクチャ、モバイルバックホール、アクセスネットワークと仮想CPE)においては、クラウドインフラソフトウェアの収益が2022年の129億ドルから2027年には273億ドルに成長する見込みだという。これは、2022〜2027年の5年間の予測期間全体で、年平均成長率(CAGR)が16.1%に達することを示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。