連載
» 2008年07月04日 00時00分 公開

PMの意図がチームに伝わらない理由メンバーに贈るプロマネ基礎講座(8)(3/3 ページ)

[田中亮,グローバル ナレッジ ネットワーク]
前のページへ 1|2|3       

演習問題

問題1

 あなたの管理しているプロジェクトでは、プロジェクト内でのコミュニケーションについて計画を立てています。下記の中で、コミュニケーションの障壁(ノイズ)ではないものはどれでしょうか?

a. 重要な内容だったので、相手の反応を見ながら伝えた

b. プロジェクトメンバーにはさまざまな国の人が含まれる

c. 発信者と受信者は物理的に距離が離れている

d. メールで要件を伝えただけで確認しなかった


正解

 a


解説

 コミュニケーションの障壁に関する問題です。受信者が発信者の意図を理解するのを妨げる要素としては、物理的な距離、文化的な相違などが挙げられます。今回の問題の選択肢では、選択肢b選択肢cが相当します。また、最近では、電子メールでのコミュニケーションの場も増えていますが、選択肢dも障壁となります。電子メールやFaxなどで要件を伝えた場合は、受信者がちゃんと受信したかを確認することが重要です。選択肢aのように、直接相手の反応を見ながらコミュニケーションをすることで誤解が生まれる可能性が低くなります。

演習問題

問題2

 あなたのプロジェクトのメンバーが10人から12人に増えることになりました。この結果、コミュニケーション・チャネルはどのように変化しますか?

a. 変化しない

b. 2だけ増加する

c. 21だけ増える

d. 22だけ増える


正解

 c


解説

 コミュニケーション・チャネルはメンバー数nに対して、

n × (n−1) / 2

で求められます。

もともとメンバーが10人だったことから、コミュニケーション・チャネルは、45です。その後、メンバーが12人に増え、チャネル数は、66になります。従って、メンバー数の増加に伴い、チャネル数は21だけ増えることになります。

筆者プロフィール

田中亮

グローバル ナレッジ ネットワーク

プロダクトマネージャ兼講師。保有資格は、米国PMI認定PMP、OCP:ORACLE MASTER GOLD。SEとして生産管理システムの開発を経て、グローバルナレッジへ転職。Oracle認定研修やデータベース関連コースの講師を担当後、PMPを取得。現在は、PM/SWEグループ プロダクトマネージャを担当する傍ら、講師としてプロジェクトマネージメントの研修やOracleの研修も実施している。いま関心のあることは、2人の息子の子育てと、ウイスキーを楽しむこと。



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。