連載
» 2015年09月10日 05時00分 公開

プログラマーの腕の見せどころ――Swiftの関数、引数、戻り値の基本的な書き方と使い方初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(6)(2/5 ページ)

[諏訪悠紀,アンダースコア]

関数を定義する

 関数は、次のように定義します。

最も基本的な関数の定義の仕方

func 関数の名前() {
    // 実行する処理
}
関数の定義

 関数を作るには、まずは「func」と書きます。次にスペースを空けて、関数の名前を書きます。続けてスペースを空けずに「(」と「)」を書きます(「()」の意味は後述)。最後に、スペースを空けてから「{」と「}」の間に関数としてまとめたいプログラムを書きます。

 なお、「func」は関数を意味する英単語「ファンクション(Function)」の省略形です。

インデント(Indent)とは

 関数の中に記述するプログラムは、行の始めにスペースを4個空けてから記述します。これは「インデント(Indent)」と言い、文章の段落の始めに空白を入れるのと同じような意味があります。それ以外は、関数の外と同じ書き方(つまり、今まで学んできた書き方)で記述します。

関数の定義例

 割合を計算するプログラムを関数として定義してみましょう。次のプログラムを書いてください。

func 割合を出す関数() {
    let 割合の値 = 30.0 / 50.0 * 100
    println("割合は\(割合の値)%です")
}
割合を出す関数

 このプログラムでは「割合を出す関数」という名前の関数を定義しています。関数の中には、「30.0」が「50.0」の何パーセントであるか、割合を計算して結果を出力するプログラムを書いています。

関数を呼び出す

 関数を定義しただけでは、関数の中に記述したプログラムは実行されません。先ほどの関数を記述した画面を確認してみると、関数の中のプログラムの結果が結果画面に表示されていないことが分かると思います。

関数を定義しただけの状態

 関数は「この関数を実行してください」と命令することで初めて実行されます。このように、関数を実行することを一般的に「関数を呼び出す」と言います。

関数の呼び出し方

 関数を呼び出すには、次のように書きます。

関数名()

 関数を呼び出すには、まず関数の名前を書き、その後に続けて「()」を書きます。この「()」の持つ意味は後述しますので、まずは「()」が必要とだけ覚えておいてください。

 先ほど定義した関数を呼び出してみましょう。関数の後に、次のプログラムを書いてください。

割合を出す関数()
割合を出す関数の呼び出し

 関数の中のプログラムの結果が結果画面に表示されるようになりました。関数が呼び出された証拠です。

「for文」を組み合わせて、関数を1000回呼び出す

 次に、連載第4回「Swift 2.0とオープンソース化が発表されたSwiftの制御構文――比較演算子、条件分岐(if、else、switch)、繰り返し(for、while)&Playgroundのグラフで確認」で学んだ「for文」を組み合わせて、関数を1000回呼び出してみましょう。次のプログラムを書いてみてください。

for _ in 1...1000 {
    割合を出す関数()
}
for文と関数の組み合わせ

 結果画面に「1000 times」と表示されると思います。関数を使わないで同じプログラムを1000回記述するのは大変そうですが、関数を用いることで簡単に記述することができます。これが関数を使うメリットの一つです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。