連載
» 2022年08月05日 05時00分 公開

仮想マシンへの最新のアプリケーションデプロイを自動化する「VMアプリケーション」とはMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(177)

Azureコンピューティングギャラリーで正式に利用可能になった「VMアプリケーション」は、Microsoft Azureのパブリックイメージやカスタムイメージ(WindowsまたはLinux)へのアプリケーションのデプロイを自動化したり、既存の仮想マシンに拡張機能のようにアプリケーションを追加または削除したりできます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

アプリケーションのデプロイをパッケージ化する「VMアプリケーション」

 アプリケーションのインストールを含む定義済みのカスタム仮想マシン(VM)イメージを作成してAzure仮想マシンのデプロイに利用することは、同一構成の仮想マシンを素早くデプロイする方法の一つです。

 しかし、アプリケーションのインストールを含む仮想マシンイメージは、OSやアプリケーションのバージョンが新しくなるたびに、イメージを更新(更新して「Sysprep」ツールで再び汎用《はんよう》化、または再作成)しないと、イメージが古くなってしまい、デプロイ後の更新作業に時間がかかってしまうことになります。

 Microsoftは2022年7月26日(米国時間)、「Azureコンピューティングギャラリー(Azure Compute Gallery)」(旧称、Shared Image Gallery)で「VMアプリケーション」が正式に利用可能になったことを発表しました。

 VMアプリケーションは、仮想マシンイメージからアプリケーションのインストールを分離してパッケージ化し、仮想マシンや仮想マシンスケールセットに対して最新バージョンのアプリケーションのデプロイを自動化する手段を提供します(画面1)。

画面1 画面1 Azureコンピューティングギャラリーでは、OSを含むカスタム仮想マシンイメージとは別に、「VMアプリケーション」を管理できるようになった

 VMアプリケーションは、Azure MarketplaceのパブリックなOSイメージ(最新の更新レベル)と組み合わせることもできますし、Azureコンピューティングギャラリーのカスタムイメージと組み合わせることも可能です。後者の場合、仮想マシンイメージとアプリケーションパッケージのバージョン管理(更新)を別々に行いながら、最新バージョンの環境をデプロイ時に提供することができます。

cmd.exeまたは/bin/shで無人インストールできればパッケージ化可能

 VMアプリケーションは、Azureコンピューティングギャラリー内で、WindowsまたはLinux用に定義でき(VMアプリケーション定義)、少なくともストレージアカウントにアップロードしたアプリケーションファイル(.exeや.msiインストーラーや実行可能ファイルなど)と、インストールスクリプトおよびアンインストールスクリプトで構成されるVMアプリケーションバージョンとして準備します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。