ニュース
» 2023年12月12日 08時00分 公開

1300社への調査で判明した「ローコード/ノーコード開発ツールの廃止につながりやすい課題」とは ノークリサーチ「Excelの代わりに使う」は10%前後

ノークリサーチは、ローコード/ノーコード開発ツールの提案で生じやすい障壁とその打開方法に関する調査の結果を発表した。それによると「コーディングせずに何でもできる」という過剰な期待が課題となっていることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ノークリサーチは2023年12月11日、ローコード/ノーコード開発ツールに関する調査結果を発表した。これは年商500億円未満の中堅中小企業1300社を対象に、導入時の課題やその解決方法について調査した結果をまとめたもの。それによるとローコード/ノーコード開発ツールの導入状況では「導入済み」(34.5%)が最も多かったが、「導入しておらず、導入予定もない」は22.0%、「導入しておらず、今後導入するかどうかは分からない(判断不可)」も23.2%と比較的多かった。

画像 ローコード/ノーコード開発ツールの導入状況(提供:ノークリサーチ

導入予定と導入済みの企業で最もギャップがある課題とは

 「導入済み」を細分化すると、「導入済みだが縮小予定」は全体の10.2%。これに「過去に導入していたが現在は廃止した」の5.5%を加えると、「導入予定」の14.8%を上回る。この点についてノークリサーチは、「ローコード/ノーコード開発ツールの市場を拡大させるには『ツールを導入したが、期待した成果を上げられなかった(その結果、縮小または廃止する)』といったケースを減らすことだ」と指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。