連載
» 2022年02月25日 05時00分 公開

再起動なしで長期運用を実現、Windows Server仮想マシンの「ホットパッチ」機能が正式版にMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(164)

Microsoftは2022年2月16日(米国時間)、これまでプレビュー機能として提供されていたAzure仮想マシンの「ホットパッチ」機能を正式にリリースしました。運用環境において、長期間運用のためにこのパッチ管理機能を利用できるようになりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Azure Edition Coreだけのホットパッチ機能

 「ホットパッチ(Hotpatch)」は、現状、「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」のServer Coreインストール環境でのみ利用可能なパッチ管理機能です。数カ月に1度のベースラインの更新プログラム(再起動が必要な通常の累積更新プログラム)と再起動が不要なホットパッチ対応のセキュリティ更新プログラムを組み合わせて、再起動なしで長期運用を実現します(画面1画面2)。

画面1 画面1 2022年1月は再起動が必要なベースラインの更新プログラムが提供された
画面2 画面2 2022年2月は再起動が不要なホットパッチのセキュリティ更新プログラムが提供された。インストールも極めて短時間(数分)で終わる

 ホットパッチ機能は、Microsoftがオファーする「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition Core」と、「[smalldisk]Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition Core」イメージからデプロイしたAzure仮想マシンで有効化できます(「Azure Stack HCI」でも利用可能になる予定です)。

 これらのイメージは英語版Windows Server 2022 Datacenter:Azure EditionのServer Coreインストールイメージです。Windows Server 2022 Datacenter:Azure Editionのデスクトップエクスペリエンスインストールや、DatacenterやStandardといった通常エディションのWindows Serverには対応していません(画面3)。

画面3 画面3 ホットパッチに対応しているのはWindows Server 2022 Datacenter:Azure Edition Coreのイメージのみ

 ホットパッチは、Microsoft Azureによるパッチオーケストレーションと組み合わせることで、更新プログラムの評価とインストールのスケジューリングをAzureに任せ、自動運用することができます(画面4)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。