連載
» 2022年05月11日 05時00分 公開

実行するとキューに入るWindowsタスクの謎を解けその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(209)

先日、Windowsに最初から登録されている、あるシステムタスク(タスクスケジューラのタスク)の状態を確認して、準備完了状態になっている場合は即時実行するようなPowerShellスクリプトを作成しました。しかし、このスクリプトを実行しても、タスクは期待通りに「実行中」にはならず、「キューに挿入済み」になってしまうのです。今回は、その原因と対策などを解説します。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

イベントビューアやタスクスケジューラはイライラするからコマンドで解消

 Windowsの初期バージョンからの機能と下位互換性を維持するため、応答性が損なわれていると筆者が感じるツールに「イベントビューア」(Eventvwr.msc)と「タスクスケジューラ」(taskschd.msc)があります。

 「アプリケーション」「セキュリティ」「システム」「Internet Explorer」といった、少数のログへのアクセスを提供していた「Windows XP」のイベントビューアは非常に高速でした。「Windows 10」や「Windows 11」では、ログが完全に表示されるまでに数十秒かかることがあります。タスクスケジューラも開いたときに、「応答なし」になるのをよく目にします。

 イベントログを確認する場合は、「WMIC NTEVENT」コマンド、「Get-EventLog」コマンドレット(アプリケーションとサービスログに対応していない、間違った説明を表示することがある、などで非推奨)、「WEVTUTIL」ツール、「Get-WinEvent」コマンドレットなど、コマンドラインから実行する方が高速であり、細かいフィルタリングも可能なので、定形的な作業に利用しています。詳しくは、筆者の過去の連載(本連載を含む)などをまとめた拙著『Windowsトラブル解決 コマンド&テクニック集』(日経BP社、2018年)などいかがでしょう。

 タスクスケジューラの代替としては、「Schtasks」コマンドやPowerShellの「ScheduledTasks」モジュールの「Get-ScheduledTask」「Start-ScheduledTask」などのコマンドレットが利用できます。

「Schetasks /Run」や「Start-ScheduledTask」ではすぐに実行されないタスクがある

 PowerShellスクリプトの作成が頭にあったので、迷わずにGet-ScheduledTaskコマンドレットでタスクの状態(State)を取得し、その状態に応じて、Start-ScheduledTaskコマンドレットを実行するようにコードを書いてみました。

 コマンドラインで確認してから、スクリプトを仕上げていこうと思っていたのですが、Start-ScheduledTaskでタスクの実行を開始しても、期待通りに状態が「実行中(Running)」にならずに、「キューに挿入済み(Queued)」になってしまうタスクが存在することに気が付きました。Start-ScheduledTaskを再実行しても状況は変わりません(画面1)。

画面1 画面1 Start-ScheduledTaskでタスクの実行を開始しても「実行中」ではなく、「キューに挿入済み」になってしまう

 タスクスケジューラで問題のタスクを右クリックして「実行する」をクリックすると、すぐに実行中になります。それと同じことがコマンドラインからできないのです。なお、「キューに挿入済み(Queued)」の状態になったタスクは、しばらく放置しておくと、「実行中」になるようです。

 タスクの履歴機能を有効化して確認すると、イベントID「325」の「起動要求がキューに入れられました」と、イベントID「110」の「ユーザーにトリガーされるタスク」から先がありません(画面2)。

画面2 画面2 Start-ScheduledTaskでタスクを開始しても「キューに挿入済み」状態になってしまうタスクの履歴(イベントID「129」より新しい履歴は右クリックして「実行する」を選択した後のもの)

原因は「条件」オプションにあり!

 試しに、「cmd.exe」を開始するだけの単純な基本タスクを作成して、同じように実行してみました。すると、筆者が作成したタスクは、期待通りにすぐに実行されました(画面3)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。