連載
» 2022年06月22日 05時00分 公開

【朗報】ついにWindows Server 2022で「WSL 2」が動くようになったよ!――インストール方法を詳細解説山市良のうぃんどうず日記(234)

これまでWindows Server 2022では利用できなかった、本物のLinuxカーネルベースで動く「WSL 2」が、ユーザーからのフィードバックに応える形で、2022年6月の累積更新プログラム(Bリリース)で利用可能になりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

WSLとWindows Serverの関係は?

 「Linux用Windowsサブシステム(Windows Subsystem for Linux、WSL)」は、Linuxバイナリを実行可能なLinuxのシェル環境をWindows上で提供する「Windows 10」からの機能です。Windows 10 バージョン2004以降(バージョン1903と1909にもバックポート)と「Windows 11」では、本物のLinuxカーネルをベースにした「WSL 2」が利用可能です(WSL 2に対して、従来のエミュレーション環境は「WSL 1」)。

 以下の連載記事でも、Windows Serverの半期チャネル(SAC)バージョン2004では、実はWSL 2が利用できていました。

 しかし、WSL 1およびWSL 2の簡単セットアップ機能を盛り込むために更新された「wsl.exe」の影響からか、Windows ServerではWSL 2を利用できなくなりました。

 Windows Serverで既定のバージョンをWSL 2に変更したり(「wsl --set-default-version 2」コマンド)、WSL 1で導入済みのLinuxディストリビューションをWSL 2に変換したり(「wsl --set-version <ディストリビューション> 2」コマンド)しようとしても、wsl.exeが正しいパラメーターとして認識してくれないのです。この問題は、最新の「Windows Server 2022」でも続いていました(画面1)。

画面1 画面1 Windows Server 2022ではwsl.exeツールがWSL 2を有効なバージョンと認識せずに、オンラインヘルプを表示するだけ(最初はWindows Server SAC バージョン2004でWSL 2を利用できていたが、その後の更新で同様の状況に)

 2022年5月のオプションの更新プログラム(Cリリース、KB5014021)の提供に合わせ、以下のフィードバックに応える形で、6月からWindows Server 2022でもWSL 2が利用できるようになったことが明らかにされました。実際にWSL 2で「Ubuntu」が動いている様子が画面2です。ただし、5月のCリリース6月のBリリース、どちらのリリース情報にもそのことには一切触れられていません。

画面2 画面2 2022年6月の累積更新プログラム(5月のオプションの更新、ビルド20348.740以降)でWindows ServerでもWSL 2が利用に

 なお、Windows 11からWSL 2のLinux環境で利用可能になった「WSLg」のGUIサポート(Xアプリの実行)は、Windows Server 2022では利用できませんでした。Windows Server 2022は「ビルド20348」で、以下にGitHub書いてあるWSLgの最小要件「ビルド22000(つまりWindows 11)以降」を満たしていないので当然と言えば当然です。

Windows Server 2022にLinuxサブシステムをインストールする方法(勝手に改訂版)

 Microsoftは、以下の公式ドキュメントでWindows ServerへのWSL 1のインストール手順を説明していますが、これは「Windows Server 2019」とWindows Server SACの古いバージョン(※Windows Server SACバージョンは20H2を最後に、「2022年8月9日」で完全に廃止されます)を対象とした古い手順です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。