連載
» 2022年11月02日 05時00分 公開

黒や緑もあった? あの背景があの色である限り、Windowsのブルースクリーンは“青”がいいその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(222)

“Windows 11のブルースクリーンの色が黒に変更”、そんな話を聞いたことがある人は多いと思います。その話はうそではありませんが、ほんの数カ月間のことでした。やっぱり“ブルー”スクリーンは、昔から今までずっと“青い”画面なのです。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

「黒いブルースクリーン」体験は2カ月ほどで終了しました

 重大な問題が原因で、Windowsが予期せずシャットダウンまたは再起動(通常のシャットダウンや再起動ではなく、突然の停止)した場合には、「ブルースクリーンエラー」が発生することがあります。ブルースクリーンエラーは、「死のブルースクリーン(Blue Screen of Death、BSoD)」「STOPエラー」「バグチェック(BugCheck)」などと呼ばれることもあります。

 ブルースクリーンエラーは、ソフトウェアのバグやハードウェアの問題(デバイスドライバのバグや互換性の問題)で発生することが多いため、Windowsの品質の問題であるというイメージを持たれている人も多いと思いますが、セキュリティ侵害を回避するために、“Windowsが意図的”に発生させることもあります。

 例えば、「Windows 10」や「Windows 11」の「仮想化ベースのセキュリティ(Virtualization-Based Security、VBS)」で実現されるセキュアカーネルでは、CPUの保護されたレジスタやデータ構造体に変更が加えられると、直ちにバグチェックを発生させ、システムがクラッシュし、その結果、ブルースクリーンが表示されます。

 こうしたSTOPエラーの表示画面は、Windowsのかなり古いバージョン(初めて実装されたのは「Windows 95」といわれています)から「青い」背景でした。それがブルースクリーンやBSoDと呼ばれる理由です。「Windows Vista」では「赤い画面(レッドスクリーン)」になるというウワサも飛び交いましたが、実際にはブルースクリーンでした。その後のWindowsもずっとブルースクリーンのままです。

 Windows 11の最初のバージョン(21H2、OSビルド22000)では、確かに「黒いブルースクリーン」が実装され、一般向けにリリースされました(画面1)。“黒いブルースクリーン”という表現はおかしいですね。「STOPエラーの背景が黒い画面」というのが正しい表現でしょう。

画面1 画面1 Windows 11 バージョン21H2の初期ビルド(ビルド22000.318、2021年11月Bリリース)には、実際に“黒い”ブルースクリーンがあった

 しかし、この黒い背景色は、正式リリースの翌月にリリースされたオプションの更新プログラム(2021年11月のCリリース)で、これまでと同じ青に戻されました(画面2)。そのことは、更新プログラムのリリースノートに分かりにくい表現(特に機械翻訳ベースの日本語)ですが、記されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。