連載
» 2024年01月31日 05時00分 公開

Windows 11の「新規作成」コンテキストメニューから突然消えた「テキスト ドキュメント」――復活は実に簡単だった件山市良のうぃんどうず日記(275)

2024年1月のWindowsの定例更新から数日後、テキストファイルを新規作成しようと、いつものようにフォルダやデスクトップ上を右クリックし、「新規作成」コンテキストメニューを開いたところ、そこにあるはずの「テキスト ドキュメント」が存在しないことに気が付きました。調べてみると、Windows 11でちょくちょく報告される不具合のようです。解決策も幾つか見つかりますが、それらはちょっとやり過ぎかもしれません。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

「新規作成」メニューから「テキスト ドキュメント」が突然消失!?

 筆者が使用している「Windows 11」で、「新規作成」メニューから「テキスト ドキュメント」が消えたのがいつからなのかはっきりしていません。日常的に使用していたメニューなので、少なくとも気が付いた前日までは使えていたと思いますが、それが消えてしまいました(画面1)。

画面1 画面1 「新規作成」コンテキストメニューの一覧にあるはずの「テキスト ドキュメント」が存在しない

 インターネットで調べてみると、Windows 11を利用していると高確率で遭遇する不具合の一つ(※本稿を最後まで読んでいただけると“不具合”は言い過ぎかもしれませんが……)のようで、民間療法的なものを含む解決策が幾つか見つかります。例えば、以下のような解決策です。

  • 「システムのプロパティ」の「システムの保護」から「システムの復元」を実行する
  • システムイメージのバックアップがある場合は「Windows回復環境(Windows Recovery Environment:WinRE)」で起動し、「イメージでシステムを回復」を実行して以前の状態に戻す
  • 「HKEY_CLASSES_ROOT\.txt」レジストリキー下にあるキーを作成し、ある値を作成する(この方法は本稿の問題解決策としては正しいと思えないので詳細は省略)
  • あるユーザーが個人で作成、公開しているコンテキストメニューをリストアするレジストリファイル(.reg)を、ダウンロードして実行する(この方法も本稿の問題解決策としては正しいと思えないので詳細は省略)
  • 「メモ帳」アプリをアンインストールし、「Microsoft Store」から「Windows Notepad」をインストールし直してPCを再起動する

 最後の解決策が、最も簡単そうです。試す価値のあるものと思い、「設定」アプリの「アプリ\インストールされているアプリ」の一覧から「メモ帳」を選択して「アンインストール」を実行しました。その後、「Microsoft Store」アプリで「Windows Notepad」を検索し、「入手」をクリックしてメモ帳をインストールしてからPCを再起動してみました(画面2画面3)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。