管理者なら覚えておきたい! Windows 11の品質更新で追加される新機能のロールアウトを制御する方法企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(11)

MicrosoftはこれまでWindows 10/11の新機能を機能更新プログラム(以前は年に2回、現在は年の後半に1回)で追加してきましたが、最新のWindows 11 バージョン22H2からは、次の機能更新プログラムを待たずに毎月の品質更新プログラムで新機能を追加していく方針に変更しました。新機能による仕様変更が業務に影響を与える可能性がある場合は、新機能のロールアウトを次の機能更新プログラムまでストップする新しいオプションが用意されています。

» 2023年04月25日 05時00分 公開
[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内

LCUによる新機能の追加や機能強化のリリースサイクルの短縮

 「Windows 11」のバージョン22H2では、毎月の品質更新プログラムである「最新の累積更新プログラム」(Latest Cumulative Update、LCU)によって、新機能や機能強化が頻繁に提供されることになりました。

 2023年3月の品質更新プログラム(Bリリース)と、それに先行する形でプレビュー提供された2023年2月のオプションの更新プログラム(Cリリース)では、この新しい方針に従って幾つか新機能が追加されています。2022年10月にも定例外のLCUによって、エクスプローラーの複数タブ化やタスクバーのオーバーフローメニューの追加が行われました。2022年10月の新機能追加を「Moment 1」、今回の2023年3月の新機能追加を「Moment 2」と呼ぶこともあります。

 これまでに行われた新機能追加や機能強化/改善には、以下のようなものがあります。

  • 新しいアクセシビリティ(ユーザー補助)機能
  • 二酸化炭素排出量を削減するための推奨設定の提案
  • Snipping Toolの機能強化
  • Windows Studio Effectsの改善
  • タスクバー上の検索機能の強化(AIチャット対応「Bing」との統合など)
  • 通知領域のアイコンの並べ替え
  • 2-in-1デバイス用のタッチに最適化されたタスクバー
  • ファイルエクスプローラーの機能強化
  • 「メモ帳」の複数タブのサポート(Microsoft Storeから提供)
  • 「スタート」メニューにAIを利用した推奨コンテンツ
  • 「Windows 365」アプリ(Microsoft Storeから提供)
  • サードパーティープロバイダーによる学生のサインインの簡素化(Windows 11 SE《教育向けのエディション》、Pro Education、Educationエディション向け)

 各機能の詳細については公式ブログの投稿で確認してください。例えば、「2-in-1デバイス向けのタッチに最適化されたタスクバー」は、デバイスを「タブレットモード」にしたときに、アクティブウィンドウがある場合はタスクバーを自動的に閉じ、アクティブウィンドウがなくなる、または手動でタスクバーを開くと、大きなアイコンを持つタスクバーを表示することで、タッチの誤操作を防止するというものです(写真1画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。