WSUSでWindows 11 バージョン22H2向けUUP配信がスタート、これまでの更新とは何が違う? 注意点は?企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(10)

Microsoftはオンプレミスの更新プログラム配信基盤に対して、Windows 11 バージョン22H2向け品質更新プログラムおよび機能更新プログラムを「Unified Update Platform(UUP)」ベースのものに切り替えました。これに対応して、企業のIT管理者は、オンプレミスの更新プログラム配信基盤をUUP対応に移行する必要があります。

» 2023年04月11日 05時00分 公開
[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内

Windows Updateでは既に始まっているUUPがオンプレミスに(最新Windows 11のみ)

 「Unified Update Platform(UUP)」は、Windows Updateでは既に「Windows 10」や「Windows 11」向けのWindowsおよび.NET Frameworkの品質更新プログラムおよび機能更新プログラムの配信に採用されている新しい更新テクノロジーです。UUPは差分ベースの小規模な更新プログラムであるため、ダウンロードとインストールのエクスペリエンスが、初期のWindows 10と比較して大幅に改善されています。

 以下の記事で紹介したように、Microsoftは2022年10月から、オンプレミスの更新プログラム配信基盤向けにUUPのパブリックプレビューを開始しました。当初の予定では、2023年の早い時期(第1四半期)に一般提供が開始される予定となっていました。

 2023年3月28日(日本時間29日)からUUPプレビューは一般提供となり、Windows 11 バージョン22H2の2023年3月のBリリース以降について、UUPベースの更新プログラムに切り替わりました。また、Windows 11 バージョン22H2向けの.NET Frameworkの更新プログラムについても、UUPベースに切り替わり、再起動の回数削減が期待されています。

 UUPベースの更新プログラムの対象は、Windows 11 バージョン22H2(x64およびArm64)向けの以下の更新プログラムで、製品カテゴリー「Windows 11」に対する今後の新しい更新プログラムはUUPベースの更新プログラムとしてのみ提供されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。