連載
» 2024年02月08日 05時00分 公開

データベース移行をどう支援する? 今後のロードマップは? Yugabyte創業者がラウンドテーブルで語ったことYugabyteDBを検証した7社の参加者とディスカッションも

「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Yugabyteの共同創業者で製品開発を担当しているKannan Muthukkaruppan氏に話を伺いました。

[小林隆浩NTTデータグループ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介する本連載。前回はデータベースエンジニアとして長年活躍されている渡部さんのインタビューをお送りしました。エンジニアとしてのキャリア、さまざまなデータベースへの知見など勉強になる部分が多くありました。

 今回は、米国発のNewSQLベンダーの共同創業者の来日に合わせて、東京で開催されたラウンドテーブルの様子をお届けします。参加者からは既存のデータベースの問題点、将来の方向性などについてさまざまな質問が飛びました。

共同創業者のMuthukkaruppan氏が来日

来日したMuthukkaruppan氏 来日したMuthukkaruppan氏

 来日したのはYugabyteの共同創業者の一人で、製品開発を担当しているKannan Muthukkaruppan氏です。

 Muthukkaruppan氏はOracleやMeta(旧Facebook)で、データベースについて豊富な経験を積み、Karthik Ranganathan氏(現同社CTO〈最高技術責任者〉)、Mikhail Bautin氏とYugabyteを立ち上げました。そして、2020年にエンタープライズビジネスで実績を持つBill Cook氏をCEOとして招聘(しょうへい)しました。2021年には日本法人を開設し、国内外で「PostgreSQL」互換の分散SQLデータベース「YugabyteDB」を中心としたサービス群を展開しています。

 今回もインタビューの前提知識として、Yugabyteが提供するサービスを幾つかご紹介します。

YugabyteDBとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。