【 Remove-PartitionAccessPath 】コマンドレット――ディスク上のボリュームに付与されたドライブレターを削除するWindows PowerShell基本Tips(104)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Remove-PartitionAccessPath」コマンドレットを解説します。

» 2024年05月16日 05時00分 公開
[後藤諭史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、コンピュータに接続されたディスク上のボリュームに付与されたドライブレターを削除する「Remove-PartitionAccessPath」コマンドレットです。

Remove-PartitionAccessPathコマンドレットとは?

 一般的には、ディスク上のボリュームには「C」や「D」といった「ドライブレター」が付与されており、これを“識別子”としてボリュームを使い分けます。

 ドライブレターは本連載第98回で紹介した「Set-Partition」コマンドレットで付与したり、本連載第95回で紹介した「New-Partition」コマンドレットでパーティションを作成する際に明示的に指定して付与したりします。

 しかしながら、特殊な用途においてはドライブレターが不要、もしくは明示的に削除する必要がある場合があります。

 既に付与してしまったドライブレターは、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)であれば「ディスクの管理」ツールから削除できます(画面1)。

ALT 画面1 GUIの「ディスクの管理」ツールでドライブレターを削除できる

 同様の作業は、Set-Partitionコマンドレットでもできそうに思えます。しかし、ドライブレターを付与したり、既に付与されているドライブレターを変更したりすることはできても、既に付与されたドライブレターを削除することはできないのです。

 そこで使用するコマンドレットが、今回紹介するRemove-PartitionAccessPathコマンドレットになります。

 ドライブレターが不要、またはドライブレターを削除したいというケースは通常の管理作業にはないと思いますが、こうした特殊な作業もWindows PowerShellで実施可能ということを覚えておくと、いざというときに役立ちます。

Remove-PartitionAccessPathコマンドレットの書式

Remove-PartitionAccessPath [オプション]


Remove-PartitionAccessPathコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-DiskNumber ドライブレターを削除したいパーティションが存在するディスク番号を指定する。「-DriveLetter」オプション指定時には省略可能
-PartitionNumber ドライブレターを削除したいパーティションの番号を指定する。「-DriveLetter」オプション指定時には省略可能
-DriveLetter ドライブレターを削除したいパーティションのドライブレターを指定する。省略可能
-AccessPath 削除したいドライブレターを指定する

パーティションを指定してドライブレターを削除する

 パーティションを指定してドライブレターを削除する場合は、ドライブレターを削除したいパーティションを「-DiskNumber」オプションと「-PartitionNumber」オプションで特定します。ディスク番号は本連載第90回で紹介した「Get-Disk」コマンドレットで、パーティション番号は本連載第94回で紹介した「Get-Partition」コマンドレットで取得できます。

 また、「-AccessPath」オプションで削除したいドライブレターをコロン(:)付きで指定します(画面2)。なお、Remove-PartitionAccessPathコマンドレットは管理者権限で実行する必要があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。