連載
» 2023年11月07日 05時00分 公開

最新Windows 11 バージョン23H2へのアップグレードは「有効化パッケージ」が安全で時間も最短企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(25)

Microsoftは2023年10月31日(米国時間)、Windows 11の最新の年間(年次)リリース「Windows 11 バージョン23H2(Windows 11 2023 Update)」の一般提供を開始しました。Windows 11 バージョン22H2を実行しているデバイスは、Windows Updateで簡単かつ最短の方法で新バージョンに切り替えることができます。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内

Windows 11 バージョン23H2のベースはバージョン22H2と共通の「NI_RELEASE」

 「Windows 11」のバージョン22H2以降、Microsoftは「品質更新プログラム」に含める形で、「機能更新プログラム」よりも短いサイクルで多数の新機能を追加してきました。これは「Momentアップデート」と呼ばれ、Windows 11 バージョン22H2にはこれまで4回提供されました。

 現在は、2023年9月末から「Copilot in Windows」を含む多数の新機能の段階的なロールアウトが始まり、11月の品質更新プログラムで広範囲のデバイスで新機能が利用可能になる予定です。2023年5月以降、Windows 11 バージョン22H2に追加された新機能については、以下の「Windows構成の更新プログラム」のリリース情報で確認できます。これらの機能はWindows 11 バージョン23H2の新機能と重複していることが分かるでしょう。

 なお、管理されているデバイスでは、Windows 11 バージョン22H2の新機能の一部が無効化されています。これは「エンタープライズ機能の制御」と呼ばれる仕組みです。管理されているデバイスをWindows 11 バージョン23H2に更新した場合、一時的な制御が終了し、利用可能になります。

 Windows 11 バージョン23H2(OSビルド22631)とバージョン22H2(OSビルド22621)は、「NI_RELEASE」(NIは「ニッケル」に由来)と呼ばれる共通のOSコアを持ち、品質更新プログラムは共通であり、品質更新プログラムで更新されるリビジョン番号(22631.xと22621.xのx)です。そのため、アプリケーションやデバイスの互換性問題を心配することなく、新バージョンに切り替えることができます。ちなみに、Windows 11 バージョン21H2(OSビルド22000)は「CO_RELEASE」(COは「コバルト」に由来)でした。

 Windows 11 バージョン22H2を実行するデバイスに対しては、Windows Updateを通じて「有効化パッケージ(eKB)」と呼ばれる小さなバージョン切り替えパッチが提供され(今回のKB5027397は100KB程度)、通常の品質更新プログラムと同じようなエクスペリエンスで(むしろ短時間で)Windows 11 バージョン23H2にアップグレードできます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。