連載
» 2012年11月16日 15時05分 公開

ユーザーを魅了するUIはまぐれでは生まれないUXClip(8)(2/2 ページ)

[佐藤翔,ねこポッポ]
前のページへ 1|2       

Quick and Fast

 要件定義があり、それに基づいて開発とデザインをするウォータフロー型であれば、工期が読みやすく見積もりが出しやすいし進行がしやすい。しかし一方で、プロジェクトのロールバックが難しい。橋本氏はLINEにおけるUI/UX開発手法を紹介した。

 「中心にUXデザイン室というセクションを設けて、そこからリサーチとフィードバックを行っています。UIデザイナーはそれをキャッチアップしてプロトタイプデザインをします。この円環(えんかん)は1回では終わらずに、何度もクルクル回し、プロトタイプUIの精度を高めていきます。開発に回した後も、またUXに戻ってきて、デザインやインタラクション、ユーザー満足度などを調査して、再度開発に戻します。この八の字型の動きが何度も起こるのです。半日とか一日で回すこともあります。基点を一カ所に定めないので、ウォーターフロー型と異なり、意思決定が早くサービスの開発も早くなります」(橋本氏)

 このUXの精度を高める開発手法によって、海外ユーザーの心も、がっしりとつかんでいる。文字の種類が多いタイやアラブの場合、縦型にキーボードを表示するとかなり押しづらい。ユーザーの声を聞き、ランドスケープモードに対応することでこの問題を解消した。

見た目への徹底的なこだわり

 橋本氏はUIについては次のように語った。「今はUIのコンポーネントが用意されているので、簡単にUIを作れるようになりました。また、そもそも意匠(見た目)にあまりこだわらずに、ボタンやその他の要素を詰め込んでいるアプリを見掛けます。しかし、差別化をするためにはUIデザイナーはそこに徹底的にこだわるべきです」

 上記スライド右側の海外のアプリは、LINEとほぼ同じ機能を持っているが、見た目が大きく異なる。一方でLINEのデザインは、会話の流れや空気感を壊さないことを心掛けており、こういったことにデザイナーはこだわらないといけない。四角いざらざらとした木にかんなを掛けることで、スムーズになるように、プロトタイプデザインを重ねていき、UXと同時に見た目のUIを気持ちのよいものに仕上げていく必要がある。

アジャイル開発におけるUX

 最後の登壇者は、ディー・エヌ・エーの坪田朋氏。UXデザイナーとして、無料通話アプリ「comm」の開発を担当している。坪田氏はUXデザインとは何かを語った後、UI/UX開発の現場で行っているリサーチの方法を紹介した。

 「UIデザインにおいてイケてないUIを作ってしまうのが一番の問題です。それは、『ユーザーニーズの不理解』『市場の勉強不足』『コミュニケーション不足』『チューニング不足』が原因です。これらの原因を解消するには、リサーチが必要になってきます」(坪田氏)とし、ディー・エヌ・エーでの事例を解説した。

 DeNAでは、要件定義し開発しテストをした後にリリース、そしてさらにリサーチ、改善してサービスを運用していく。UXデザイナーはこのすべての分野に責任を持つのだ。

 リサーチは定量調査(アンケートを通じて取得したデータを数値化して、グラフなどで表現したものを分析する手法)を行っている。主観的な考えや感情に捉われず、アンケートによって何が正しいのかを得られる。上の写真はあるキャラクターについて集計したアンケートである。定量調査は、キャッチコピーやサービス/機能名、コア機能のニーズ調査にも用いられる。

 

 定性調査ではアイトラッカーを用い、競合サービスや自社のサービスにおけるユーザーの視線の動きを観察することで、サービスの向上と改善を行っている。

 要件定義については坪田氏は次のように語った。「いきなりUIを考えると視野が狭くなってしまいます。まずは課題を明示化させます。その後、ペーパープロト(紙でプロトタイプを作る)を作成した後、実機でのモックを作る。『この機能は実装すべきかなぁ』と悩む機能は切り捨てます」

 いよいよリリースだが、その前にユーザーによるテストを行いテキストやアイコンの直感性を確認する。リリース後もA/Bテストを行う。

 まとめると「徹底的な分析(定量/定性)」「プロトタイピング」「ユーザーテストの実施と繰り返し」が重要なポイントである。

 セッション終了後は、パネルディスカッションと参加者と登壇者の交流会が行われた。

斬新なUIにまぐれなし

 講演を聞き、UXを意識せずUIを考えることは、まぐれ狙いなのだと思うようになった。ユーザーにとっての価値ある経験を考え尽くさなければ、優れたUIは作れない。UI/UXはプロダクト開発と運営の要であり、ヒットするサービスやアプリの裏側には、必ず緻密な調査と試行錯誤の繰り返しがあったのだった。

著者プロフィール

佐藤翔(ねこポッポ

ねとらぼでねこマンガの連載をしたり、ねこの絵のTシャツを作っています。iPhoneアプリやWebサイト作りも好きです。


「UX Clip」バックナンバー
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。