News : @ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

@ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

icon
AI搭載Surface PCを発表:

Microsoftは2024年3月に開催されたデジタルイベントで、Copilotや新しいSurface for Business、Windows Cloud PCといったデバイスを通して、顧客のビジネス全体で、AIの安全かつ効率的な活用を推進すると発表した。(2024年04月13日)

新着News

news081.jpg
生成AIを実務活用する際何を想定すべきか:

生成AI導入の最前線に立っているのは、DevOpsチームとプラットフォームエンジニアだ。生成AIが抱えるリスクを解説したり、生成AIを活用するメリットの事例として、プラットフォームエンジニアリングにおける活用事例を紹介したりする。(2024年4月12日)

news055.jpg
開発者やクラウド担当者、セキュリティ担当者、ビジネスアナリストを支援:

Google Cloudは、開発者、Google Cloudサービス、アプリケーション向けの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表した。(2024年4月12日)

news047.jpg
延べ約19万2000人が受講:

総務省は、データサイエンスのオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を2024年6月11日に開講する。同講座では、統計学の基礎や統計データの見方など、統計データ分析の基本的な知識を学習できる。(2024年4月12日)

news042.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集:

どのプログラミング言語から学び始めるかを選ぶことは簡単ではない。専門家は「Java」や「C」といった“定番言語”とは別の選択肢を積極的に推奨し始めた。そのプログラミング言語とは何なのか。(2024年4月11日)

news067.png
人間と機械の相互作用が複数のトレンドをけん引:

Gartnerは、2024年のサプライチェーンテクノロジートレンドのトップ8を発表した。2024年のトレンドの大きなテーマは、新興テクノロジーを活用したビジネスコントロールの必要性と、人間と機械の相互作用を通じた競争力の向上だ。(2024年4月11日)

news064.jpg
「仮想化は完璧ではない」:

仮想化には共通して発生する一般的な5つの問題がある。その効果的な対処方法を解説する。(2024年4月11日)

news055.jpg
オンプレミスでも利用可能:

デロイト トーマツは、「特化型LLM」の開発サービスを提供開始した。クラウド提供型LLMが利用できない業種、業界に向けてオンプレミス運用可能な特化型LLMを提供することで、企業のLLMの活用を促進するという。(2024年4月11日)

news046.jpg
エンタープライズグレードのワークロードに対応、まずMicrosoft Azureで利用可能に:

Cohereは、同社のプロダクトの中で「最も強力でスケーラブル」とする大規模言語モデル「Command R+」を発表した。(2024年4月11日)

news088.jpg
情報漏えいへの懸念やデータ主権に対応:

Google Cloudはエッジや企業・ローカルクラウドのデータセンターで、インターネットやGoogle Cloudへの接続なしに大規模言語モデルを動かせるソリューションを発表した。情報漏えいへの懸念やデータ主権に対応できるという。(2024年4月10日)

news085.jpg
NVIDIA GPUの利用も強化:

Google Cloudが年次イベントで、Armをベースとした独自開発のCPU「Axion」や、TPUの「Cloud TPU v5p」、NVIDIA GPUの活用強化など、さまざまな発表を行った。(2024年4月10日)

news072.jpg
新たな時系列予測モデルの必要性や、Moiraiが与える影響を解説:

Salesforceは、時系列基盤モデル「Moirai」を発表した。複数のドメイン、頻度、変数にまたがる多様な予測タスクにゼロショットで対応できる、汎用性の高い時系列予測が可能だという。(2024年4月10日)

news042.jpg
多様な働き方を求める時代の要請を追い風に成長:

ITRは、国内の就業管理市場の予測を発表した。2022年度の売上金額は対2021年度比で20.2%増の328億円だった。同社は2022〜2027年度の年間平均成長率を14.0%と予測している。(2024年4月10日)

news030.jpg
Jupyterのセル間依存関係分析など各種機能が向上:

Microsoftは「Visual Studio Code」のPythonおよびJupyter拡張機能の最新版を公開した。FlaskとDjangoのデバッグ設定フローの改善、PylanceによるJupyterのRun Dependent Cells機能の向上、Hatch環境の検出などの機能を強化した。(2024年4月10日)

news021.jpg
ChatGPTプラグインではなく、GPTsの利用を推奨:

TechTargetは、「ChatGPTプラグインの脆弱性」に関する記事を公開した。ChatGPTプラグインの脆弱性が発見され、OpenAIと2つのサードパーティーベンダーは修正対応した。だが、セキュリティベンダーの研究者は「ChatGPTプラグインには依然としてセキュリティリスクが存在する」と警告している。(2024年4月10日)

news065.jpg
「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づく:

Canonicalは新たなKubernetesディストリビューションである「Canonical Kubernetes」のβ版を公開した。「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づき、開発者が求める迅速な環境構築とエンタープライズ向けの自動化機能やセキュリティ機能の両方を提供するものだという。(2024年4月9日)

news049.png
GitHub CopilotとCodeQLを活用:

GitHubは「GitHub Advanced Security」の利用者を対象に、コードスキャン自動修正機能パブリックβ版の提供を開始した。「JavaScript」「TypeScript」「Java」「Python」に対応しており、脆弱性のないコード案を生成する。(2024年4月9日)

news045.jpg
圧縮率が35%向上:

Googleは、オープンソースの新しいJPEGコーディングライブラリ「Jpegli」を公式ブログで紹介した。(2024年4月9日)

news044.jpg
2023年に発生したWeb攻撃のうち、3割が「APIを標的にした攻撃」:

Akamaiは、脅威レポート「インターネットの現状(SOTI)|影に潜む脅威:攻撃トレンドでAPIの脅威を解き明かす」を公開した。それによるとWebに関する全攻撃の29%が「APIを標的とした攻撃」だという。(2024年4月9日)

news067.jpg
「クラウドネイティブソリューションは重要な要素であり続ける」:

ABI Researchはエッジサーバに関するレポートを発表した。レポートでは、エッジサーバの総支出は2027年までに190億ドルに達すると予測されている。その他レポートで取り上げられたエッジサーバに関する予測を紹介する。(2024年4月8日)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。