連載
» 2007年01月20日 00時00分 公開

転職に関する勘違いをただす転職失敗・成功の分かれ道(26)

毎日、人材紹介会社のコンサルタントは転職希望者と会う。さまざまな出会い、業務の中でこそ、見えてくる転職の成功例や失敗例。時には転職を押しとどめることもあるだろう。そんな人材コンサルタントが語る、転職の失敗・成功の分かれ道。

[小塚康司,リーベル]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 皆さん、こんにちは。人材紹介会社のリーベルの小塚です。今回は、よくありがちな「転職に関する勘違い」について述べたいと思います。

 日ごろ、IT企業の人事担当者からいろいろなご相談を受ける中で話題に出るのが、この転職に関する勘違いです。毎日、転職希望者と打ち合わせを行うときに、私も感じることがあります。

 では、どんな勘違いでしょうか。代表的な具体例を4つ挙げながら、解説したいと思います。

転職して給与アップ

 よく人事担当者が指摘するのが、この勘違いです。多くの方は、希望給与に現在の年収より100万円前後高い金額を記入するそうです。人事担当者は、いつもそれを見てびっくりするそうです。面接のときに「給与アップの根拠は?」と問いただすと、しどろもどろになってしまう人も多いそうです。「どんなパフォーマンスを出すか分からないのに、大幅なアップは考えられない」が、人事担当者の本音です。

 ここで、本当に「転職で給与アップ」できるパターンを教えましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。