連載
» 2016年01月28日 05時00分 公開

パブリッククラウドでDaaSを可能にするWindows Server 2016の新機能vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(41)(3/3 ページ)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2|3       

VDI環境をWindows Server 2016の標準機能だけでクラウド上に展開、管理可能に

 新しいコレクションにおけるライセンスの考え方は、まだ明らかになっていません。しかし、物理ホストで実行されるRDセッションホストを個人用セッションデスクトップとして利用するには、ライセンスコストが膨大になる可能性があります。

 恐らく、個人用セッションコレクションは、Windows Server 2016 Datacenterエディションの物理ホスト上では無制限に実行でき、Windows Server 2016 Datacenterエディションの仮想インスタンスを個人用セッションデスクトップのRDセッションホストとして利用することが想定されているのだと思います。

 WindowsデスクトップOSは、パブリッククラウドなどマルチテナント環境で実行することがライセンス上、許可されていません。現在でも、パブリッククラウド上で個人用のWindowsデスクトップ環境を「Desktop as a Service(DaaS)」として提供しているベンダーもありますが、それらのサービスはWindowsデスクトップOSではなく、Windows ServerのRDSで実現されています。

 Windows Server 2016の個人用セッションデスクトップは、オンプレミスやパブリッククラウド上でDaaS環境の構築を、Windows Server 2016のRDSの標準機能だけで実現するものと考えるとよいでしょう。Windows Server 2016 TP4の時点では、コレクションの作成と構成をWindows PowerShellで操作する必要があり、サーバーマネージャーにも個人用セッションコレクションは表示されませんが、正式リリースまでには、GUIで操作できるようになると予想しています。

オンプレミスではRemoteFX仮想GPUの機能もサポート予定

 Windows Server 2016 TP4では、Hyper-Vの第二世代仮想マシンで実行されるWindows Server 2016 TP4のゲストでも「RemoteFX仮想GPU(RemoteFX 3Dビデオアダプター)」がサポートされます。

 これまでRemoteFX仮想GPUは、Windows 7/8.1以降のEnterpriseエディションを実行する第一世代仮想マシンでのみ利用可能であり、VDI環境のリモートデスクトップ接続で高度なグラフィックス機能をサポートしていました。

 Windows Server 2016 TP4を実行するHyper-V仮想マシンにRemoteFX仮想GPUを割り当てると、「RemoteFX仮想GPU」として認識されるようになります。これにより、ローカル表示およびリモートデスクトップ接続において、4K解像度やビデオメモリの調整のサポート、DirectX 3Dなどの表示機能、OpenGL 4.4/OpenCL 1.1 APIのサポートなどの機能を利用できるようになります(画面6)。

画面6 画面6 Windows Server 2016 TP4を実行する仮想マシンに「RemoteFX仮想GPU」を割り当てて認識されると、OpenGL 4.4 APIなどがサポートされる

 なお、RemoteFX仮想GPUはマルチユーザー利用が想定されていないようです。そのため、RDセッションホストにおいては、個人用セッションデスクトップでサポートされることになるでしょう。

「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。