連載
» 2022年11月11日 05時00分 公開

【Windows 11対応】リモートデスクトップで目的のPCに一発接続するTech TIPS

複数の接続先がある場合、「リモートデスクトップ接続」アプリでいちいち接続先を修正してから接続するのは面倒で時間もかかる。そこで接続先などをあらかじめファイルやショートカットに保存しておき、そこから素早くリモートデスクトップ接続を開始する方法を紹介する。

[島田広道デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

いちいち接続先を修正せずに、素早くリモートデスクトップを始めたい!

対象:Windows 10/Windows 11


 Windows OSに標準装備の「リモートデスクトップ接続」アプリ(リモートデスクトップ接続クライアント)は、起動すると上記のように接続先の「コンピューター」すなわちリモートPCを指定する欄が表示される。この接続先の名称は、1回接続すると保存され、次回は同じ接続先が記入された状態で起動するため、同じリモートPCに毎回接続するのであれば特に修正する必要はない。

 だが、リモートPCが複数の場合、上記ダイアログでいちいち接続先を修正してから接続する必要がある。これだと手間が掛かって面倒だし、急いでいるときに素早く接続できない。

 そこで本Tech TIPSでは、1〜2クリックで特定のリモートPCへの接続を素早く始められる方法を紹介する。対象はWindows OS標準の「リモートデスクトップ接続」アプリ(mstsc.exe)とする(Microsoft Store版やWebクライアント版、Azure Virtual Desktop用は対象外とさせていただく)。

 なお、Windows 11 2022 Update(バージョン22H2)では、セキュリティが強化された影響で、保存された資格情報での認証がブロックされることがある。この問題についても解説する。

「.RDPファイル」やショートカットを活用すれば素早く接続できる

 リモートデスクトップでは、接続先リモートPCの名称やユーザーアカウント名、画面設定などをあらかじめ設定し、これらの情報を「.RDP」という拡張子のファイル(内部はテキスト形式ファイル。メモ帳などで編集可能)として保存できる。

 接続先が複数存在するときには、この.RDPファイルをリモートPCごとに作成して、デスクトップなどに配置しておけば、当該.RDPファイルをダブルクリックするだけで目的のリモートPCに接続できるようになる。また.RDPファイルは、「リモートデスクトップ接続」アプリで簡単に作成できる。

 その他にも、「リモートデスクトップ接続」アプリのショートカットを作成し、そのコマンドラインパラメータで接続先を指定することで、同様にショートカットをダブルクリックするだけで目的のリモートPCへの接続を開始できる。

 以下では、この2種類の方法の作業手順をそれぞれ説明する。

.RDPファイルを作成して保存する

 .RDPファイルを作成するには、以下のように「リモートデスクトップ接続」アプリを操作する。Windows 11の場合、「Windowsツール」内にあるため、起動するのに手間がかかるので、タスクバーの[検索]機能で、「リモート」で検索して、「最も一致する検索結果」欄に表示された「リモートデスクトップ接続」をクリックするのが手っ取り早い。

.RDPファイルを保存する(1/3) .RDPファイルを保存する(1/3)
.RDPファイルを保存する(2/3) .RDPファイルを保存する(2/3)
.RDPファイルを保存する(3/3) .RDPファイルを保存する(3/3)

■操作手順

  1. リモートデスクトップ接続」を起動したら、左下の[オプションの表示]をクリック
  2. コンピューター]に接続先のリモートPCの名称を記入
  3. ユーザー名]にユーザーアカウント名を記入
  4. 必要なら[画面][ローカルリソース][エクスペリエンス][詳細設定]の各タブで設定を変更
  5. 名前を付けて保存]ボタンをクリック
  6. ファイル保存ダイアログが表示されるので、フォルダやファイル名を指定
  7. 保存ボタン]をクリック

認証時のパスワード入力も省けるけれどセキュリティには注意

 もし接続時のパスワード入力も省きたければ、以下の手順でパスワードも保存できる。

リモートデスクトップ接続時のパスワードを保存する(1/2) リモートデスクトップ接続時のパスワードを保存する(1/2)
リモートデスクトップ接続時のパスワードを保存する(2/2) リモートデスクトップ接続時のパスワードを保存する(2/2)

■操作手順

  1. 前述の.RDPファイル保存直後のダイアログで、[接続]ボタンをクリック
  2. 資格情報を入力してください」というダイアログが表示されたら、指定したユーザーアカウントに対するパスワードを、パスワード入力欄に記入
  3. このアカウントを記憶する]チェックボックスにチェックを入れて「オン」にする
  4. OK]ボタンをクリックして、指定のリモートPCとの接続を確立させる

 これでリモートデスクトップ接続に成功すれば、ユーザーアカウント名とパスワードの組み合わせ(資格情報)がローカルPCに保存されたはずだ。

 ただし、パスワードを保存しておくと、ローカルPCを操作して.RDPファイルを実行できる人なら誰でもリモートPCに接続できてしまう。万が一、ローカルPCが何者かに乗っ取られた場合は、その攻撃者がリモートPCにまでアクセスできる可能性が生じる点には十分に注意してほしい。

 保存した資格情報は、コントロールパネルの「資格情報マネージャー」の「Windows資格情報」で確認できる。コントロールパネルの起動方法は以下のTech TIPSを参照してほしい。

.RDPファイルからリモートデスクトップ接続を開始する

 ここまでの作業を接続先のリモートPCごとに実施し、それぞれの.RDPファイルを作成しておく。

 作成した.RDPファイルからリモートデスクトップ接続を始めるには、エクスプローラーで保存先フォルダを開き、.RDPファイルを選んでダブルクリックする。

.RDPファイルからリモートデスクトップ接続を始める(1/2) .RDPファイルからリモートデスクトップ接続を始める(1/2)
.RDPファイルからリモートデスクトップ接続を始める(2/2) .RDPファイルからリモートデスクトップ接続を始める(2/2)

 このとき、上記のように.RDPファイルの「発行元」(作成した人あるいは出所)が識別できない、という警告ダイアログが表示される。確実に自分で作成した.RDPファイルであり、かつ接続先として指定したリモートPCの名称も既知のもので正しいことが確実であれば、[このコンピューターへの接続について今後確認しない]にチェックを入れてオンにしてから接続すると、以後は同じ.RDPファイルを実行しても、この警告は表示されなくなる。

 .RDPファイルの出所が不明(例えばインターネット上のサイトから適当に拾ってきた場合)だったり、接続先の名称が知らないリモートPCのものだったりする場合は、[このコンピューターへの接続について今後確認しない]をオフにする以前に、接続自体を止めるべきだろう。

タスクバーにピン留めすると、さらに起動しやすくなる

 .RDPファイルをデスクトップに配置しておけば、1回のダブルクリックで指定のリモートPCへの接続を始められる。ただ、デスクトップに他のアイコンがあると探しにくいし、アプリのウィンドウに隠れてクリックしにくい場合もよくある。

 そこで、作成した.RDPファイルをタスクバーにピン留めすると、2クリックで接続できるようになる。

●Windows 10で.RDPファイルをピン留めするには

 Windows 10の場合、「リモートデスクトップ接続」アプリをタスクバーにピン留めしてから、そこへ.RDPファイルをドラッグ&ドロップすると、.RDPファイルをピン留めできる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。