• 関連の記事

「Go AbekawaのGo Global!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アップルやディズニーなどの外資系企業でマーケティングを担当し、グローバルでのビジネス展開に深い知見を持つ阿部川“Go”久広が、いま注目のグローバルIT企業トップに話を伺うインタビューシリーズ

Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(後):
私が作った生姜焼きはうまいらしいです
日本とポーランドを行き来しつつ、台湾やベルリンのメンバーとさまざまな言語を用いて、さまざまなプロジェクトに携わる。してみたいこと、興味があることが止まらないモニカさんは「全く想像も付かない未来」を楽しみにしている。(2022/3/23)

Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(前):
全部知りたい、全部やりたい 欲張りモニカは大好きを1つに絞り切れない
ITが好き、言語も好き、広告もブランディングも好き。だから、1つのキャリアではなく、スキルに集中することにした。(2022/3/22)

Go AbekawaのGo Global!〜緊急特別編:
「私たちのことを話題にし続けて」 ウクライナのエンジニアが今、日本の皆さんに伝えたいこと
ウクライナのキエフでIT企業を営み、自身もITエンジニアであるCyril Samovskiy(キリル・サモフスキー)さん。爆破された空港を避け、渋滞する避難の車列を離れ、南へと向かったキリルさん一家は今どこで何をしているのか。キリルさんから日本の皆さんへのメッセージ動画付き。(2022/3/31)

Go AbekawaのGo Global!〜Mr.Ben編(後):
「大丈夫」と言ってあげられることが、私の誇り
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き、今回もセキュリティエンジニアのBen(ベン)氏にお話を伺う。セキュリティの専門家として世界の安全を守っている同氏が伝えたい「全部を知る必要はない」という言葉の意味とは。(2022/4/5)

Go AbekawaのGo Global!〜Mr.Ben編(前):
少年が夜中に両親のPCを借りてやっていたこと、それは……
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はセキュリティエンジニアのBen(ベン)氏にお話を伺う。ニュージーランドの小さな町で生まれた少年がセキュリティに興味を持ったきっかけとは何だったのか。(2022/4/4)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(後):
2021年を「新しい人生の元年にしよう」と決めた
仕事を始めることで人生の可能性を見つけて、本当の自分を出せるように努力しよう、心のブレーキを外していろいろなことをやってみようと思った。(2022/2/24)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(前):
オーディションに落ちたあの日、僕は夢を失った
アニメの声優に憧れて来日した韓国の青年。だが夢は破れ、天災で就職もままならず、コンビニやネットカフェでアルバイトをする日々が続く――。(2022/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜Carlos Planter編(後):
メキシコのエンジニアは「モー娘。」を追い掛けて日本を巡る
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はmedibaのCarlos Planter(カルロス・プランテル)氏にお話を伺う。友達と一緒に回った日本には「いつかここに住みたい」と強く思わせる魅力があったという。そんなプランテル氏が遭遇した「スタートアップあるある」とは何か。(2022/3/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Carlos Planter編(前):
恐竜かプログラミングか、それが問題だ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はmedibaのCarlos Planter(カルロス・プランテル)氏にお話を伺う。小さなころから日本のアニメやゲームに親しんでいたプランテル氏が「Web開発者の道」を意識し始めたのは1冊の雑誌がきっかけだった。(2022/3/9)

Go AbekawaのGo Global!〜Adrian Zulnedi編(後):
僕は「内発的なモチベーション」に従ってモノづくりをしたい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続きプラゴのAdrian Zulnedi(アドリアン・ズルネディ)氏にご登場いただく。ずっと変わらない「モノづくりへの思い」を持ち、エンジニアとして働き始めたズルネディ氏が挑戦してみたいこととは。(2021/12/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Adrian Zulnedi編(前):
あの子が「できる」といったから、僕は“モノづくり”に目覚めた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はプラゴのAdrian Zulnedi(アドリアン・ズルネディ)氏にお話を伺う。インドネシアで30人もの親戚に囲まれて育ったズルネディ氏。同氏が小学校のときに経験した「一生モノの出会い」とは。(2021/12/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Tayag編(後):
「成長するために頑張ること」と「強過ぎるプレッシャーの中で仕事をすること」は違う
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き三通のMaverick Tayag(マーベリック・タヤッグ)氏にお話を伺う。祖母の後押しもあり、日本で働き始めたタヤッグ氏。同氏が日本のエンジニアに対して思うこととは。(2021/11/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Tayag編(前):
父のお土産はいつもデスクトップPC
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は三通のMaverick Tayag(マーベリック・タヤッグ)氏にお話を伺う。デスクトップPCをお土産にする豪快な父、さまざまな学びの機会をくれる叔父。家族に支えられ真っすぐに育った青年の夢とは。(2021/11/29)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler Shukert編(後):
品川でのホームレス経験が「エンジニアの原風景」になった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はTyler Shukert(タイラー・シューカート)氏にお話を伺う。次々と新しいWebサービスを生み出し、順風満帆な同氏を待っていたのは品川での「明るく楽しい健康的なホームレス生活」だった。(2021/11/16)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler Shukert編(前):
父がMITなら私はスタンフォードだ 入学できなかったけど
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はHubSpot JapanのTyler Shukert(タイラー・シューカート)氏にお話を伺う。最初にプログラミングを学んだときに「大変なだけで面白くない」と感じていた同氏が、幾つものWebサービスを開発するようになったきっかけとは。(2021/11/15)

Go AbekawaのGo Global!〜Mintzu Hnin Khat編(後):
ミャンマーではエンジニアは女性の仕事
ITにも日本にも興味はなかった。でも、1人のヒーローに出会って、日本でエンジニアになりたいと思った。(2021/10/6)

Go AbekawaのGo Global!〜Mintzu Hnin Khat編(前):
先生は私のヒーロー その責任感、仕事の仕方、全てに憧れました
大学ではデータ分析やネットワークを学びました。でもPCを触ったことはありませんでした。(2021/10/5)

Go AbekawaのGo Global!〜崔 国編(後):
カインズのCTOに、俺はなる!
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もカインズの崔国(サイ・コク)氏にお話を伺う。英語も覚えたいし、MBAも取りたい。やりたいことが止まらない崔氏は次に何を望むのか。(2021/9/29)

Go AbekawaのGo Global!〜崔 国編(前):
Amazonは知らなかったけど、Webでサービスをやりたかった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はカインズの崔国(サイ・コク)氏にお話を伺う。コンピュータに夢中になった中国の少年は「閉じられたWeb」の世界でも新しいサービス開発を夢見ていた。(2021/9/28)

Go AbekawaのGo Global!〜Nir Horesh編:
シリコンバレーについた瞬間、全てのものがつながった――そうか、自分がやりたかったのはコンピュータだったのだ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はWix.comのNir Horesh(ニール・ホレシュ)氏にお話を伺う。よく遊び、よく学ぶ青年が「私がやりたいのはコンピュータだ」と気付いたきっかけとは何だったのか。(2021/8/24)

Go AbekawaのGo Global!〜David_Schwartz編(後):
暗号資産の将来は「トップダウン」か「ボトムアップ」か
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続きRippleのCTO、David Schwartz(デビッド・シュワルツ)氏にお話を伺う。暗号資産業界で先陣を切るRippleにおいて同氏が最も重視するのは「エンジニアへの敬意」だった。(2021/8/11)

Go AbekawaのGo Global!〜David_Schwartz編(前):
RippleのCTOがこっそり教える、ソフトウェアの「病みつきポイント」
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はRippleのCTOであるDavid Schwartz(デビッド・シュワルツ)氏にお話を伺う。「世界の仕組み」に興味津々だった少年は、試行錯誤の楽しさに魅了され、コンピュータの世界にはまっていった。(2021/8/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Michele_Ercoli編:
「単体」とか「結合」とか日本のIT用語はちょっと何言ってるか分からない
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はフリーランスエンジニアのMichele Ercoli(ミケーレ・エルコリ)氏にお話を伺う。アニメの続きが気になるから日本語を学ぶ、世界にサービスを届けたいから起業する、というシンプルで力強い行動規範を持つ同氏はこれから何を目指すのか。(2021/6/28)

Go AbekawaのGo Global!〜Jorge_Pelaez編(後):
「シエスタの国」のエンジニアが8時間ぶっ続けで働ける理由
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前編に引き続きヒューマンリソシアのJorge Pelaez(ベラエズ・ホルヘ)氏にお話を伺う。「easy-going」を信条とする同氏が、8時間みっちり仕事をできる理由とは何だろうか。(2021/6/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Jorge_Pelaez編(前):
数学の論理は「デーモン」すらエンジニアに変える
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はヒューマンリソシアのJorge Pelaez(ベラエズ・ホルヘ)氏にお話を伺う。自然豊かなスペインの街に生まれた同氏が日本で大規模プロジェクトに参加することになったいきさつとは。(2021/6/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Nguyen Manh Hung編(後):
私には、ベトナム人としてのプライドがある
ベトナムのオフショアは品質が低いと言われたくない。ふるさとベトナムのために、そして大好きな日本のために、タケオさんは今日もにこやかに奮闘する。(2021/5/11)

Go AbekawaのGo Global!〜Nguyen Manh Hung編(前):
ドラえもんのタイムマシンに乗って、僕は日本にやってきた
ドラえもんの想像力に憧れ、タイムマシンに乗るような気持ちで日本にやってきたベトナムの青年は、ほんやくコンニャクを作りたいと自然言語処理を学ぶようになった。(2021/5/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Amy Dang編(後):
将来は、マシンラーニングを駆使してハーブの効能を突き止めたい
フロントエンドだ、Javaエンジニアだ、なんてタイトルはいらない。男女の区別もいらない。やりたいこと、楽しいことに向き合う、ただそれだけでいい。(2021/4/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Amy Dang編(前):
書籍、アプリ、インターネット――両親が私にくれたもの
メコン川の支流近くで育った女の子は、PCと出会い、プログラミングに没頭し、海外と共同研究を行うデータサイエンティストになった。(2021/4/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Philippe_Godbout編(後):
つながりやすくなった世界で大切なのは「学びを止めないこと」
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前編に引き続きPhilippe Godbout(フィリップ・ゴドブ)氏にお話を伺う。日本法人のリーダーとして働く同氏が仕事で最も魅力を感じるところとは何だろうか。(2021/4/20)

Go AbekawaのGo Global!〜Philippe_Godbout編(前):
カナダのバスケ少年、ボーイング初のリモート製造に携わる
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はPhilippe Godbout(フィリップ・ゴドブ)氏にお話を伺う。豊かな自然とスポーツに囲まれすくすく育ったカナダの少年は、やがて「エンジニアリング」に魅了されていく。(2021/4/19)

Go AbekawaのGo Global!〜Mileidy Giraldo編(後):
たとえハンディがあったとしても、私の仕事が私を作る
三重苦を背負ってキャリアを歩んできたというジラルド博士。見た目や母国語が違い、偏見に満ちた目で見られがちだった彼女が「その認識は間違っている」と証明するために行ってきたこととは――。(2021/2/25)

Go AbekawaのGo Global!〜Mileidy Giraldo編(前):
ユーレカ! プログラミングに出会って、青空が眼前に広がった
数字が好きで人の役に立つ仕事をしたかったコロンビアの女の子は今、ITと医療の真ん中でCOVID-19のワクチン開発支援に取り組んでいる。(2021/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(後):
モデルとしてキャットウォークを歩くのは楽しいが、今はコードを書くことが楽しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。退職する前任者に代わり、八楽のエンジニアリングを支える存在になったJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏。ファッションモデルの経験を持つ異色のCTOが考える「成長するための7つの習慣」とは何か。(2021/2/16)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(前):
コネなし、レジュメなし スウェーデンから来たエンジニアをベンチャーが採用した理由
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は翻訳ソフトウェアを手掛ける八楽で働くJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏にお話を伺う。容姿端麗でCTOを務めるほどのプログラミングスキルを持つヨナス氏だが、八楽の面接担当者の第一声は「こいつ、なめていますね」だった。(2021/2/12)

Go AbekawaのGo Global!〜Cyril Samovskiy編(後):
ウクライナのエンジニアが優秀な理由は、○○が早いから
IT大国ウクライナでオフショア開発企業を経営し、世界中と取引しているキリルさん。各国を見てきた彼が考える、同国エンジニアの特徴とは。そして、日本のエンジニアへのアドバイスとは――。(2020/12/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Cyril Samovskiy編(前):
みんなでソリティアを一緒にやりたかったから、勉強した
IT大国として有名なウクライナでIT企業を経営するキリルさんは、どのようにしてITに親しんでいったのか。(2020/12/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Imomsaidov Oybek編(後):
「みんなと一緒に仕事がしたい」とウズベキスタンの青年は今日も自転車をこぐ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。日本の大学で社会的問題の解決方法ついて学んだImomsaidov Oybek(イモムサイドブ・オイベク)氏が卒業後に就職したのは「アバクロ」だった(ITどこ行った?)。(2020/12/4)

Go AbekawaのGo Global!〜Imomsaidov Oybek編(前):
ウズベキスタン少年の“日本すごい”ポイントは駅名?
「4時から店の準備をして学校に行き、放課後はまた店の手伝い。後は寝るまで勉強」――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はIT企業のBFTで働くImomsaidov Oybek(イモムサイドブ・オイベク)氏にお話を伺う。「それが当たり前」と仕事を楽しくこなす同氏が日本に興味を持ったきっかけは友人のひと言だった。(2020/12/3)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(後):
得意なものを見つけること、そしてそれを好きになること――人に誇れる仕事こそが原動力
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。コンピュータの可能性に魅了され、やがて人間の認知にまで好奇心を広げたYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏。同氏が開発したデバイスは人類にどんな未来を見せるのか。(2020/10/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(前):
機械には世界がどう見える? イスラエルの少年はゲームより「認識」がお好き
人間ならすぐできるのにコンピュータには難しい、そこが面白い――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はOrCam TechnologiesのYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏にお話を伺う。コンピュータで遊ぶより、コンピュータが持つ可能性に心引かれた同氏が「OrCam MyEye」を開発した理由とは。(2020/9/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Kumar Karvepaku編(後):
自分は自分 信念を持つエンジニアの将来は「きっと、うまくいく」
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。インドに会社を設立し、夢をかなえたKumar Karvepaku(クマール・カルベパク)氏。同氏が語る「常に自分は自分である」に込められた思いとは何だろうか。(2020/8/18)

Go AbekawaのGo Global!〜Kumar Karvepaku編(前):
インドのエンジニアは、チャレンジがない仕事を我慢できない
CACHATTO INDIAの社長を務めるKumar Karvepaku(クマール・カルベパク)氏。読書とクリケットが好きなインドの少年は「いつか故郷に自分の会社を」という夢をかなえるため貪欲に勉強し、アジア、米国、日本を飛び回った。そんなカルベパク氏に訪れた出会いとは。(2020/8/17)

Go AbekawaのGo Global!〜蔡樺編(後):
試験のために勉強する人にとって、勉強は苦しいこと。でも……
私は、負けたくない――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も、中国出身の蔡樺さんにお話を伺う。紙モデルで培ったものづくりへの喜びをエンジニアとして開花させた蔡さんが今後日本でやってみたいことは、なんと「ケーキ作り」だった!(2020/5/29)

Go AbekawaのGo Global!〜蔡樺編(前):
「紙モデル」は、完成したときの達成感がめっちゃ高いんです
父は反対でした。絶対ダメだと――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は、中国と日本でコンピュータサイエンスを学び、現在は日本でエンジニアとして活躍している蔡樺さんにお話を伺った。(2020/5/28)

Go AbekawaのGo Global!〜Nicolas Modrzyk編(後):
“Be Hungry-ous” フレンチエンジニアは全てを楽しむ
フランス出身のNicolas Modrzyk(ニコラ・モドリック)氏は持ち前の人懐っこさとユーモアを武器に、OSSのイベントや書籍出版などさまざまなチャレンジをする。そんな同氏がエンジニアに送る「Be Hungry-ous」の意味とは。(2020/4/28)

Go AbekawaのGo Global!〜Nicolas Modrzyk編(前):
「僕が日本に来た理由? 世界一周がオジャンになったからさ」 フレンチシャイボーイはぐいぐいくる
フランス出身のNicolas Modrzyk(ニコラ・モドリック)氏。おとなしく、シャイな子どもだった同氏はずっと「外国に出てみたい」と考えていた。学生時代から社会人にかけてフランス、アイルランド、米国と渡り歩いた同氏が見た日本とは。(2020/4/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Le Van Da編(後):
夢は、ベトナムの農業の価値を高めること
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も、日本で活躍中のダーさんにお話を伺う。アニメを好きな理由、仲間とのアプリ開発、日本人のエンジニアの特徴、そして将来の夢……ベトナムの真珠、輝く。(2020/4/14)

Go AbekawaのGo Global!〜Le Van Da編(前):
お父さんには、コンピュータ100台分ぐらい恩返ししなくちゃ
高校生のころは勉強と家業の手伝いしかしなかった(つまり、遊ばなかった)――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は、大学に入るまでPCを触ったこともなかった農村出身の青年が、ベトナム屈指の難関大学に入り、5年間の猛勉強を経て日本にやってくるまでを伺った。(2020/4/13)

Go AbekawaのGo Global!〜Juan Martinez編(後):
「勉強にコツはない」――両手で考え両手でプログラミングするドクターマルティネス
エルサルバドル出身のJuan Martinez(ファン・マルティネス)氏。「不得意を得意に変える」ことでキャリアを積み重ねた同氏が教える「物事を学ぶコツ」とは。(2020/2/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。