連載
» 2015年10月30日 05時00分 公開

保護ドキュメントの使用状況をリアルタイムで追跡する――Azure RMS Document TrackingMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(7)(2/2 ページ)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

Document Trackingでドキュメント使用をリアルタイム追跡

 2015年10月、Azure RMSの「Document Tracking(使用の追跡)」機能がGA(Generally Available:一般向け提供開始)となりました。

 この機能は、Azure RMSで保護したドキュメント、または保護して共有(メール送信)したドキュメントの使用状況を、そのドキュメント作成者が専用ポータルでリアルタイムに追跡できる機能です。

 専用ポータルでは、自分が共有した保護ドキュメントの一覧、ドキュメントの参照または拒否の状況、アクセス元の場所や時間をリアルタイムに参照できます(画面5画面6)。

画面5 画面5 保護されたドキュメントの使用状況をポータルでリアルタイムに追跡できる。「拒否(denied)」は、許可されていないIDによるドキュメントの参照の試みを示している
画面6 画面6 ドキュメントの参照元(成功および拒否)を地図上で確認することも可能(都市のレベルまで拡大可能)

 また、特定のドキュメントが参照されたとき、あるいは参照が拒否されたときには、電子メールで通知するように構成することも可能です。さらに、不正な参照要求が続く場合は2クリックで素早くアクセス許可を取り消して(Revoke Access)、ドキュメントへのアクセスを無効化することもできます(画面7)。

画面7 画面7 アクセス許可が取り消された(Revoke)ドキュメント。このドキュメントへの作成者以外からのアクセスは全て拒否される

Azure ADを中心としたIDとアクセス管理の利点

 Azure RMSにおける組織内のIDは、Azure ADによって確認されます。これは、Office 365サブスクリプションのAzure RMSを利用する場合も同様です。Office 365はID管理にAzure ADを利用しているからです。

 Azure ADは「Azure AD Connect」を使用して、オンプレミスのActive Directoryドメインとディレクトリを同期することができます。つまり、オンプレミスにAD RMSを展開する代わりに、オンプレミスとディレクトリ同期されたAzure ADを使用してAzure RMSを展開することが可能です。Azure ADを利用することで、オンプレミスにAD RMSを展開するよりも、RMSの保護を社外に拡張することが容易になります。

 企業や組織のID管理の中心にAzure ADを置くことは、Azure RMS以外にもさまざまなメリットがあります。例えば、多要素認証(Multi-Factor Authentication:MFA)でID認証を強化したり、デバイスの状態やアクセス元の場所に基づく条件付アクセスで、Office 365やその他のクラウドアプリケーション、Azure Application Proxyを使用したオンプレミスのアプリケーションへのアクセスを制御したりできます。

 さらに、Azure AD Premiumを購入すると、機械学習に基づいた高度なセキュリティリポートを利用できます。例えば、異常なサインインのアクティビティやブルートフォース(総当たり)攻撃を検出でき、セキュリティの問題に素早く対処できます(画面8)。

画面8 画面8 Azure AD Premiumで利用できる高度なセキュリティリポート

 なお、Azure AD Premiumのセキュリティリポートの機能をオンプレミスに導入できる「Microsoft Advanced Threat Analytics(ATA)」という製品もあります。ATAは、Enterprise Mobility Suiteにも含まれます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Hyper-V(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。